きもの議会

昭和54年から続く【きもの議会】ですが本市の基幹産業である【米沢織】の振興と活性化を支援する目的でスタートしました。
その【米沢織】とは、米沢藩9代藩主 上杉鷹山公の時代に財政立て直しの一環として織物業を推奨したのが始まりで、200年以上の歴史を誇っています。特徴としては自然の素材(絹糸)を自然の染料で染め上げる【草木染】になります。紅花やカリヤス、ざくろ、くるみなど、植物が原料。携わる人々のまごころが、美しい米沢織を作り上げています。
今後もさまざまな場面できものを着用し【米沢織】をPRしてまいります!

No Comments Yet.

この記事にコメントをお寄せください

Name:

E-mail:(Will not be published)

Website:

Message:

米沢市議会議員 中村圭介をもっと知る

page_1_img_1

最新の議会報告

続き読む
page_1_img_1
page_1_img_1
page_1_img_1
page_1_img_1